結婚相談所 低年収

サイトメニュー

低年収でも十分に結婚できます

一般的に女性が男性に求める年収としては、最低でも「年収400万円」、理想としては「年収500万円以上」あったらいいなと考えている婚活女性がかなり多くいます。

 

 

しかし、あなたもご存知の通り、現実的に考えると年収500万円以上の男性ってあまりいませんよね。にもかかわらず、女性は男性に年収をしっかり求めてきます。

 

確かに婚活する上で男性の年収というものは女性にシビアに見られるところなのです。結婚を考えているからこそなので仕方がない部分ではあります。

 

「じゃあ低年収の自分は、結婚相談所で婚活をしても結婚できないのではないか」と不安がられる男性がいますが、これについては結論から申し上げると「年収が低くても結婚できる方はできます」のでご安心ください。

低年収の方が結婚するための方法

では、低年収の男性がどうすれば結婚できるのかということですが、これは2択しかありません。1つ目は「年収以外のあなたの魅力を女性に伝える」、2つ目は「今よりも年収を増やす」ですね。この2択に限られます。

 

しかし、2番目の年収を増やすというのは、あまり現実的ではありませんよね。転職をしたりとか副業をすれば年収を増やすこともできますが、すぐのすぐにということは難しいと思います。

 

そうすると残りの方法としては、年収以外の魅力を女性に伝えるしか方法はありません。もちろん、あなたの実年齢を若く偽ったりとか整形してイケメンになったりとか背を高くしたりということは現実的に考えて不可能ですよね。不可能ではないにしろかなり難しいことになります。

 

 

では、具体的に年収以外の魅力というのは、どういったものかというと、あなたの中身や人柄ですね。こういったものが重視されます。ただ結婚相談所での婚活の場合は、どうしても女性は条件から入りますので、あなたの年収とか年齢、容姿を見て「この人に会ってみたい」と思ってもらわないとお見合いにも至りません。

 

年収以外での魅力というのは、お見合いで女性と会って話さなければお伝えすることができない部分になりますよね。そのため、まずはこの条件の部分でクリアして女性とお会いしなければ何も始まらないんですね。いかに女性にお申込みをしてお見合いにつなげるかっていうのが大切になります。

 

ただ、他の婚活男性もお申込みしているような人気の女性にお申込みをすれば、低年収の男性はやはり婚活競争に負けてしまう確率が高くなってしまいます。なぜならば、年収だけで見ると高年収の人に見劣ってしまうからです。

 

そうなるとポイントとなるのは、プロフィールの中で何か一つでも長けているものをアピールできるかどうかです。ものすごく若いとか、ものすごくイケメンだとか、ものすごく高学歴であるとか、ものすごく人柄が良いなど、何か一つでも長けているものがあれば、それに惹かれて女性はお見合いをしてくれるケースもあります。

 

何においても平均であったり平均以下のプロフィールを見る、女性は少しでも条件のいい男性と会おうとするためやはり婚活男性、低年収の人はライバルに負けてしまう可能性が高くなってきます。

 

 

ですので、一度ご自身を客観的に見てみて一番の長所・強みをあぶり出してみましょう。これまでの人生で周りの人からどんなことで褒められたり高評価をしてもらったかを思い出してみましょう。多くの人から評価されていればいるほど、それはあなたの長所・強みと言えるでしょう。

 

低年収の人がお申込みするべき女性

 

次に、どんな女性にお申込みをすればお見合いにつながるのかということですが、もしあなたが抵抗がなければバツイチの女性であったりとか、1歳2歳年上の女性、あとは喫煙者・タバコを吸っている女性など、このような女性にお申込みをすれば人気が集中しているということはまずありません。

 

 

逆に婚活市場・結婚相談所で人気が集中する女性というのは20代で美人な女性、あるいは30代女性で美人な女性になりますので、そういった人を避けてお申込みをすれば、お見合いは決まりやすくなります。

 

低年収の人がお見合いのときにアピールするポイント

 

ではお見合いが決まったときに、あなたの中身・人柄を伝えるときに、具体的にどんなことをお伝えすべきかということについてですが、やはり年収が300万円〜400万円以下の低年収の男性は、結婚後も女性と共働きになります。女性もおそらくそれを承知の上で結婚することになると思います。

 

そんなときにあなたが女性に対してアピールできるものは何かというと……。
それはずばり、「家事力」です。「結婚後も一緒に稼ごうね、だから僕は結婚後、家事を協力するよ。」ということで、すべてにおいて負担を半分半分にすることが大切です。

 

 

このような家事分担の風潮は今では珍しくなくて至って普通なことです。
にもかかわらず、低年収なのに家事もしないということになると、女性はそれだったら年収が高い人で家事をしっかり手伝ってくれる男性の方が絶対いいとなってしまいます。

 

女性があなたと結婚して得られるメリットは何かと考えたときに経済面でなければ、やはり結婚生活において非常に大切な「家事力」、お皿を片付けるとか、奥さんが料理を手伝ってくれたのであれば洗い物は旦那さんであるあなたがするなど、そういった協力をしますよということをしっかりお見合いのときにアピールすることができれば女性は「この人は年収が少なくても共働きすればいいや。共働きでも自分が全部家のことを負担するのではなくてこの人も協力してくれると言ってくれているから安心だわ」というような信頼につながります。

 

このように男性は年収を重視して女性から選ばれる傾向にはありますが、お見合いにさえつなぐことができれば、あなたの中身や人柄、こういったものを全面的にアピールをして「年収以外にこんなメリットがありますよ」ということをしっかり伝えていただきたいなと思います。

「低年収でも結婚できる人」と「高年収でも結婚できない人」の違い

次に私が婚活アドバイザーをしていたときの事例を元に「低年収でも結婚できた人」と「高収入でも結婚できなかった人」を比較しながら、婚活において最も重要なことについてお伝えしたいと思います。

 

36歳で年収300万円の男性、30歳で280万円の男性、34歳で年収300万円の男性が実際に一年以内に成婚退会されていきました。反対に35歳年収500万円、42歳年収700万円の男性であっても結婚できないまま退会されていった人もいます。後者の、年齢の割に年収が高い人たちがなぜ結婚できないままやめていったかというとそれは「出会いがありすぎたから」なのです。

 

 

年齢の割に年収が高くてプロフィール写真が可もなく不可もないようなものをポンと載せていると、女性から「私と会ってください」とか、「あなたに会いたいです」というアプローチをたくさんいただきます。女性からの申し込みが非常に多くなるんですね。

 

そうすると婚活スタートをして1週間とか2週間とかでお見合いが4件、5件当たり前のように決まっていきます。そうなるとお申込みを受けた男性はどう考えるかというと「婚活を始めてちょっとしか経っていないのに、こんな女性との出会いがあるんだ、婚活楽勝じゃん」ということで目の前のお見合いが決まった女性を大切にできない傾向にあります。

 

「これだけすぐにいいお話が舞い込んでくるんだったら、もうちょっと辛抱して待ってたら年下で凄く美人な女性、自分のタイプの女性と出会いがあるかもしれない。そうなったらめっちゃ理想だよね〜」ということでまだ見ぬ素敵な女性との結婚に夢見てせっかくお見合いが決まっているのに、目の前の女性たちをないがしろにしてまったく目を向けることができず、大切にすることができないまま出会いを無駄にしまいます。

 

そうすると色んな女性と出会いがあるにも関わらず結婚ができないという現象が発生してしまいます。「もっといい人がいるんじゃないか」、「もっと自分のタイプの女性が今後現れるんじゃないか」と考えるのです。

 

これを私は「もっともっと病」と呼んでいますが、こういった「もっともっと病」が発症してしまった男性というのは非常にやっかいでなかなか結婚ができません。出会いがありすぎるがゆえに一人の女性を選ぶことができないということになってしまいます。

 

ただ反対に年齢の割に年収が凄く高い人でも、「容姿云々というよりかはしゃべっていてとても相性が良かった、僕にはこの人しかいない」ということで早々に女性をきちんと選んで数ヶ月で成婚退会することもできます。

 

実際に年齢の割にすごく年収が高い男性で女性からのお申し込みが殺到したにもかかわらず、早い段階で「自分はこの人だ」ということで自らお相手を選ばれた男性がいらっしゃいました。そして、お相手の女性からも選んでいただいて、それ以外の女性からたくさんお申し込みをいただいたにも関わらず全員お断りしました。その結果、その女性と数ヶ月で成婚退会できたんですね。

 

ですから高年収の男性でたくさん出会いがあるから結婚できる、できないということではなくて、最終的に早い段階でもう「この人だ」ということで自分で決断をして結婚すると決めなければいくら出会いがあろうが結婚はできません。

 

低年収でも結婚できる人の特徴

 

では反対に低年収の人たちがなぜ結婚できたかというと、悲しいことにやはり年齢の割に年収が低ければ高年収の人と比べると、どうしても女性からお申し込みされる件数は少なくなります。場合によっては、ほぼないに等しいこともあります。

 

そうなると、このような低年収で出会いの少ない人たちは、自分から女性にお申し込みをすることになります。積極的にお申し込みをします。そして続けて断られますよね。「ごめんなさい、ごめんなさい」と。

 

ただ10件から20件に1回くらいの確率でお申込みを受けてくれる女性がいます。そうすると男性側は「この女性だけはお見合いをOKしてくれた、今まで散々断られてきたのにこの人だけは自分の申し込みOKしてくれた、この人めっちゃいい人だ、この人をすごく大切にしてお見合いも丁寧にしていこう」ということでこの人に賭けるんですね。

 

 

出会いやお申込みが少ない分、一件のお見合いに全力をかけます。そうするとお見合いを受けてくれた女性と非常に相性が良ければ、「もうこの人だ」ということで狙いを定めてデートをたくさんしていきます。そして女性も同じ気持ちであれば、とんとん拍子に結婚が決まっていきます。

 

そのため結婚相談所で婚活をして、たくさん出会いがあるから楽勝で結婚できるとか、低年収で出会いがないから結婚できないという方程式ではなくて、いくら高年収で出会いがあっても結婚できない人はできませんし、出会いが少なくてもその出会いをきちんとモノにできる人もいるということです。

 

それはやはり、条件というよりかは、自分がこの人だときちんと狙いを定めてその人を大切にする、目の前にいる女性を大切にしてその人との時間を楽しいものにしていくという努力がなければやはりお相手の女性から選んでもらうことはできませんので、年収云々で結婚できる、できないではなくてたくさんお申込みがあって出会いがあってもそれだけで調子に乗らずに目の前の女性ときちんと向き合える人が最終的に早い段階で結婚をつかみとることができると思います。

 

あなたもぜひ年齢の割に年収が低いから無理だと最初からあきらめることはしないでいただきたいなと感じます。結婚相談所での婚活を考えられている男性は、ぜひ参考にされてみてください。

全国の結婚相談所を一発検索!