結婚相談所全国マップ

再婚・シングルマザー向けの結婚相談所

一般的には、結婚相談所は未婚の独身男女がメインユーザーですが、中には再婚・バツイチ・子持ちの方やシングルマザーの方に向けたプランを用意している結婚相談所もあります。

 

代表的な結婚相談所としては、ノッツェが挙げられます。

 

結婚相談所「ノッツェ」は再婚を目指すシングルマザー限定の料金プランを設けています。

 

 

シングルマザー限定の料金プラン

 

入会金(税込)

32,400

活動初期費用(税込)

0

月会費(税込)

3,240

情報提供料(税込)

42,120

成婚料(税込)

0

 

⇒ノッツェの公式サイトはこちら

 

再婚希望者の婚活において不利な点

 

バツイチが遠ざけられるはっきりした理由は実はなかった!

 

さて、バツイチ、再婚希望の人が結婚相談所への登録を検討する際に、思わず頭によぎってしまうのが「バツイチって婚活の場では不利なのでは?」ということ。
そこでまずは「バツイチ・再婚者が不利だと考えられる点」についてですが、実はバツイチの人が遠ざけられるはっきりとした根拠・理由はないのです。

 

 

 

どうしてバツイチの人が嫌なのかという質問に対して「こうこう、こういう理由でバツイチの人は嫌です。」とはっきり答えられる人はなかなかいません。

 

一番多い回答としては「何となく…」という曖昧な回答。ですので「一度会って話をしてみたら案外相性が良く、そのままトントン調子で結婚した」というケースは十分に考えられます。

 

一言でいえば「イメージの問題」で何となく敬遠されているだけなのです。当然、「話をしてみてダメだった」ということもありますが、それはバツイチが理由なのではなく、あくまでも「個人対個人としての相性が悪かった」ということです。

 

まとめますと、再婚希望者、バツイチの人が婚活において不利な点としては、「未婚者と比べると最初の段階では敬遠されがちな点。しかし敬遠される決定的な理由はないので、本人の人柄や本人の努力次第で十分い挽回可能。」ということになります。

 

再婚者の婚活における有利な点

 

 

 

逆に、バツイチの人の有利な点としては、「一度結婚した経験がある点」、「結婚に対して現実的で失敗をしにくい点」の2点が挙げられます。

 

1.「一度結婚した経験がある」という強み

 

やはり最大の強みはこれです。「一度結婚できた」わけですから、「二回目も結婚できるポテンシャルを持っている」と言えます。

 

結婚に限らずですが、何事も初めてのことを達成するためには、それ相応の努力とエネルギーを要するものです。

 

結婚に至るまでの全プロセスを一度経験しているということは大きな強みであり、婚活経験が初めての未婚者と比べて『結婚力』とも呼ぶべき地力が備わっていることは間違いありません。

 

2.「結婚に対して現実的で失敗をしにくい」という強み

 

未婚者が結婚相手に求める条件として、一番多い傾向は「夢を見がちなところ」。

 

「身長は175cm以上で〜、年収が1000万円以上で〜、学歴は慶応卒以上で〜」のようないわゆる「三高信仰」による夢物語を追い求めがちで、地に足もつかぬまま婚活をするので「高すぎる理想と現実のギャップ」で婚活が上手くいかないということが日常茶飯事です。

 

一方、バツイチ、再婚希望者は、結婚を夢というよりも「現実」としてとらえているので相手に求める条件が「現実的かつ明確」である傾向にあります。

 

「一度結婚してみて分かったけど、結婚で大切なのって本当は『そんなこと』じゃないんだよね。」というような「いい意味での割り切り」ができるようになっています。

 

結果として理想を追い求めがちな未婚者よりも、自分が「絶対にこれだけは外せないという要素」を持った相手と出会える確率は高いという見方ができます。

 

まとめ

 

バツイチ・再婚者の不利な点、有利な点をそれぞれ見た上で結論としては、

 

「・イメージの問題で「再婚でも大丈夫ですよ」という相手は、未婚者と比べると減ってしまうのは確かですが、

 

 ・未婚者にはない結婚経験者の強みを生かして婚活に臨めば十分に結婚を勝ち取る勝機はあります。」ということでした。

 

結婚相談所側も、再婚者の人の婚活を成功させるために手厚いサポートをしてくれるので、自分に合いそうな結婚相談所で何も臆せずに婚活に臨んでみてください!

全国の結婚相談所を一発検索!