結婚相談所 学歴

サイトメニュー

結婚相手に学歴を求める理由

結婚相談所で婚活をする場合に、年齢や収入、職業と並んで、プロフィールに必ずと言っていいほど記入をするのが「学歴」ですが、「学歴」は婚活市場・結婚相談所においてどれくらい重要なのでしょうか。

 

 

そこでこのページでは、元婚活アドバイザーの私が考える「学歴」と「婚活」の関係についてご説明したいと思います。

 

高学歴男性の魅力

 

まず高学歴男性と聞くと、女性は「高収入」というイメージが頭に浮かびます。実際、医者や弁護士、商社など高収入の職業に就いている男性は、国立大学や難関私立大学を卒業している割合が高く、まだまだ学歴社会の日本では、「高学歴」と聞くと「高収入」と結びつくという面は確かにあります。実際に厚生労働省の統計などからも「高学歴」と「高収入」に一定の相関関係があると言われています。

 

 

一般的に、女性が結婚相手の男性に求めるものはやはり「収入面での安定」ですので、高学歴の人の方が「安定」した結婚生活を想像しやすくなります。ましてや、専業主婦になることを考えている女性にとっては、夫の稼ぎが家庭の稼ぎになりますから高収入をイメージしやすい高学歴の男性がより理想的になります。

 

また、子供に賢くなってもらいたいと強く思っている女性にとっては、高学歴の男性が教育的に頼もしい存在にもなるでしょう。

 

高学歴女性の魅力

 

男性と比べると女性は学歴を求められない傾向にはありますが、高学歴女性を魅力的に感じる男性もたくさんいます。

 

 

 

高学歴女性への男性側のイメージとしては、「とても知的な会話ができそう」、「仕事がバリバリできそう」などが挙げられます。

 

このように、知性や教養に溢れるという点が高学歴女性の最大の魅力と言えるでしょう。

 

また、高学歴の女性は社会進出していて地位の高い役職に就いている場合もありますので、男性と協力をして家計を支えるという面でも強い味方になります。

お相手の学歴に執着するのは高学歴女性?

さて、次に学歴に執着する婚活女性について考えていきたいと思います。婚活市場・結婚相談所においては、高学歴な女性ほど男性にも高学歴を求める傾向にあります。反対に高学歴な男性はそこまで女性に学歴を求めることがない傾向にあります。そのため高学歴な女性は、結婚相談所での婚活の中においても取り残されてしまう傾向にあります。

 

なぜかというと、 例えば下の図のように@高学歴女性・容姿普通34歳の女性がいたとします。この@の女性がAの高学歴、年収600万円、36歳の男性に申し込んだとします。

 

 

でもこのAの高学歴の男性は、先ほども申し上げたように、女性に学歴をそれほど求める傾向にありません。そのためBの高卒の女性で容姿が綺麗で28歳の女性がいたらAの高学歴の男性は、この@の33歳の女性を断ってB28歳の女性にお申込みをする傾向にあります。

 

なぜかというと、男性は、婚活市場・結婚相談所において、女性の学歴よりも容姿と年齢を非常に重視する傾向にありますので、この@とBの二人の女性を比べたときに男性はどちらを選ぶかというとほぼ間違いなく容姿が綺麗で28歳のBの女性となります。

 

そしてこのBの高卒の女性も、特に男性の学歴は気にしない傾向にありますので、例えばCのような高卒男性、年収400万円で35歳の男性にお見合いを申し込まれてOKをすることがあります。また、Aのような高学歴な男性からお申込みがあった場合も「この人素敵だな」ということでOKをすることもあります。

 

するとBのような28歳の女性は、婚活市場・結婚相談所で人気になりますが、一方、@のような高学歴の女性で容姿普通、34歳の女性はそんなに人気がなく結婚相談所でのお見合いが決まりにくい女性となってしまいます。

 

なぜならば、例えばCのような高卒男性が@のような高学歴の女性に申し込んだとしても、@のような高学歴女性は、高卒だからという理由だけでお断りをしてしまうのです。そうなるとせっかくのチャンスを自分自身で棒に振ってしまうことになります。

 

そもそも@のような高学歴で高年収の男性は婚活市場・結婚相談所ではそれほど残っていませんから、@のような男性だけを狙ってお申込みをしてしまうと、お見合いすら決まらず結婚できる確率は本当に低くなってくることが予想されます。

 

逆にBのような高卒女性、自分自身がそんなに高学歴でない場合というのは、男性にもそんなに高学歴を求める傾向にありません。

 

「まあ私が高卒だから男性も高卒とかでもいいです」とか、「何なら職業がしっかりしていて十分生活できるくらいの年収があれば中卒の男性でも私はいいですよ」と言われる方がや高卒女性にはやはり多いのです。

 

反対にやはり大卒の女性というのは、自分自身が凄い大学を出ていればいるだけ「お相手の男性には低くても専門学校卒以上の方とか短大卒以上の男性がいいです」ということで学歴を条件に含める方が多い傾向にあります。

 

このような高学歴の女性に対して、高卒の男性は男のプライドとして引け目を感じてしまって「僕がこの女性に申し込んでもどうせ断られるからこの高卒の女性が綺麗だし申し込みをしてみよう」ということで申し込みをします。

 

このように高学歴の女性に引け目を感じてしまう高卒の男性には、高学歴の女性の方からアプローチをしてあげれば「ああ僕なんかでよければ」ということでOKしてもらえるケースも多々ありますので、学歴だけでお相手を絞り込むというのはかなりもったいないことです。

 

学歴と年収がある程度の相関関係にあることは事実ですが、高学歴な男性であっても年収が250万円の男性もいますし、中卒や高卒でそこまで学歴のない男性であっても年収が500万円以上の人もいるのも事実ですので、学歴というよりも仕事ができるとか、稼ぐ能力があれば学歴はそれほど気にする必要もないでしょう。

 

ぜひお相手の男性の学歴を気にしすぎている高学歴女性は、学歴という条件を一旦、片隅においてそれ以外の性格、収入、価値観などの要素で男性を見ていただければ、もう少し視野が広がって新しい出会いが広がってくると思います。

高学歴男性が嫌われる原因TOP3

最後に高学歴男性が結婚相談所での婚活で失敗をしないために、高学歴男性が嫌われてしまう原因TOP3をご紹介します。

 

高学歴男性は、以下の三つのタブーをおかしてせっかくの高学歴を台無しにしないように注意していただければと思います。

 

高学歴男性が嫌われる原因その1「何事も勝手に決めつけてしまう」

 

まず一つ目の原因は、人をこうだと「勝手に決めつけてしまう」ということです。

 

 

例えば「30代で独身の女性は結婚に夢見がちだから、どんどん理想ばかりが上がってなかなか結婚できる機会があるにもかかわらず結婚できてない人が多いんだ」とか、「結婚歴のあるバツイチ・子持ち女性は一度リアルな結婚をしたことがあるから次再婚する人は年収の高い人、つまり男性をお金目的としてしか見てないんだろう」っていうように自分の物差しで何でもかんでも決めつけてしまう高学歴男性は結婚相談所にもよくいらっしゃいます。

 

このような高学歴男性は、やはり結婚相談所でも女性から嫌われてしまいます。逆の立場で、例えばあなたが真剣に婚活しているにも関わらず、「あなたはただ自慢できる奥さんが欲しいから婚活してるんでしょ、わざわざ結婚相談所で高いお金まで出して年下で若くて周りに自慢できるような女性を探しているんでしょ」というようにイメージだけで勝手に決めつけられると絶対にいい気はしないと思います。

 

そういった人に限って自分自身が理想が高くてなかなか結婚できない人の一員なっている可能性も大いにありますので、「勝手にこの人はこうだ」と自分目線で決めつけることはおすすめできません。

 

高学歴男性が嫌われる原因その2「学歴の低い人を馬鹿にする」

 

二つ目のタブーが自分よりも「学歴の低い人を馬鹿にする」ということです。

 

 

「高卒の人とは話が噛み合わない」であったり、同じ大卒であったとしても偏差値の違いで「僕は○○大学であなたは○○大学だから僕の方が上だよ」というようにやたらと学歴で比べたがる高学歴男性が結婚相談所にもよくいます。

 

確かに凄く難しい難関校に合格するにはそれなりの努力が必ず必要ですので、そういった国立大学などに入って卒業された人っていうのは非常に尊敬できます。
ただそれはあくまでも過去の努力であって「社会人としての力量」のようなものは、特に学歴とはまた別の問題です。

 

その人の人間性だったり仕事への熱意によって変わってくるものなので、確かに努力をして難関校に入っているという意味では立派ですが、それ以外に社会性を身に着けている男性の方がもっと魅力が増します。

 

これは特に中卒でも高卒でも稼ぐ能力があって社会性を身に着けている男性であれば、結婚相手としては申し分ないと言えるでしょう。

 

高学歴男性が嫌われる原因その3「学歴・職業を鼻にかけて話す」

 

最後に結婚相談所で見られる高学歴男性がおかしてしまうタブーとして、「学歴・職業を鼻にかけて話してしまう」ということです。

 

 

例えば同年代の人に比べて「年収が凄く高いんだね、いいよね、いいお給料もらってるんだねー」というふうに誰かが言ったとします。するとその男性が「僕は一応メガバンク勤務だからね。」と「僕はメガバンクに勤務してるから君たちとは違うんだよ。これだけ努力してメガバンクに入っているんだから給料がいいに決まってるじゃないかと。」とでも言うかのように、他の友達と一線をおきたがったりする高学歴男性も結婚相談所にはいます。

 

あるいは「すごくものすごく物知りだね、賢いね」と言われると「いやいや僕は○○大学卒業だからね、一応」ということで学歴や職業を鼻にかけてわざわざ会話をする方がいらっしゃいます。

 

このような高学歴男性は、私の周りにも実際にいるので、あなたのまわりにも一人ぐらいはいるかなと思いますが、会話の中に「メガバンクだからね」というように織り交ぜられると女性は凄く違和感を感じてしまいます。こうしたことをしきりにいう高学歴男性はやはり自慢したいんだろうなということが見え見えですので女性としては「だから何?」と言いたくもなってしまいます。

 

ただやはり、メガバンクに入ったり難関校に入るにはそれなりの努力が伴ってきますので、そういった面では素晴らしいなと感じます。しかし学歴や職業を鼻にかけて結婚相談所で婚活をしてしまうと失敗してしまう原因になってしまいますので、一人の男性として女性から好意を寄せてもらいやすいように中身でまずは勝負をされた方がいいかなと思います。

 

そうすることで高学歴であることがプラスアルファーの魅力として働くのではないかと思います。ぜひ高学歴男性は参考にされてみてください。

全国の結婚相談所を一発検索!